うつの原因やメカニズムについて解説していきますが、その前にあなたの誤解をといておかないといけません。

少し気が強い人からしてみたら、「うつ病は精神的に弱い人がなるもの」「心の病気が原因」と言いたくなるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

うつ病になった人の写真かえって、いつもバリバリ元気でリーダーシップを取りながら頑張っている人が、急に別人のように弱々しくなってしまうことがあります。だから怖いのです。

うつ病は、どんな人でもなる病気で、原因もさまざまなことが重なって起こるものなのです。

科学的に証明されていることですが、うつ病の原因は「脳の神経伝達の一時的な傷害」なのです。

脳の神経伝達を解説した画像

上の図の左が脳神経細胞ですが、脳の中に1000億個以上あると言われていて、それらが複雑に連結し合い、その連結パターンによっていろんな思考が作られたり、体を動かす指令が作られるのです。

電気信号によってその回路が出来上がりますが、神経細胞同士を連結する部分が図の右のような「シナプスと受容体」です。ここの間で神経伝達物質がやり取りされ、それによって電気信号が流れたり強弱があったり、遮断したりするのです。

神経伝達物質はたくさんあって、まだ解明されていないものもありますが、セロトニンやドーパミン、アドレナリンなんて聞いたことがありますよね。

うつ病の原因は、この神経伝達物質のやり取りが上手くいかなくなること・・なんです。

伝達が弱ければ、「思考がぼんやりして何もやる気が起こらない・・体が動かない・・」という症状になりますし、伝達が強すぎてもハイテンションになり過ぎて、目がギラギラさえて眠れず妄想をしたり常識ハズレの行動を起こしたりしてしまいます。

そして、そうなってしまう根本原因が「精神疲労・肉体疲労の蓄積」「体の病気や変調」なのです。これらが複雑に絡み合って、うつ病の原因が起こってしまうのです。

【心理的なきっかけで起こる・うつ病の原因】

精神疲労の蓄積で、神経伝達物質が枯れて足りなくなったり多すぎてしまうために起こります。

よく、「緊張するとアドレナリンが出る」なんて言いますよね。人間には緊張もリラックスも両方必要なのですが、一方に偏り過ぎてしまうと不調になります。やる気がない人の画像

先ほどお話したアドレナリンも神経伝達物質ですので、他のホルモンと影響し合っています。

ずっと緊張や興奮状態が続くような職場の環境であったり不幸などが続くと、ホルモンバランスや神経伝達物質のバランスが崩れてしまうんです。

そして、じつは鬱病の原因は、悪い事ばかりではなく良い事までキッカケになってしまうのです。例えば、良い事があって興奮してもアドレナリンなんかは出ますからね。

心理的なきっかけになる原因をいくつか上げておきます。

・仕事上の失敗、同僚友達や上司からの叱責、課せられた作業量が多すぎ、転職、転校、クラス替え、転勤、昇進、降進、進学、退職、退学など
・身体的な変化が心理面に影響するもので、妊娠、出産、流産、事故や病気ケガなど
・家庭内の変化で、結婚、離婚、不仲、浮気、不倫、子供の非行や独立、家庭内暴力など
・経済的な問題で、投資や事業の失敗、詐欺にあったなど
・環境的な変化で、家の新築、引っ越し、長期旅行など
・喪失体験で、家族や友人知人など親しい人が亡くなったなど

以上のように、良い事があっても鬱病の原因になります。結婚だって心身共に準備は大変ですし、職場で昇進したって責任や気遣いも増えます。

良い事も悪い事も「変化」がきっかけになるのです。もちろん一つや二つは難なくこなせますが、三つ四つと重なってしまうから、疲労の回復が間に合わず疲れ切ってエネルギーを使い果たしてしまうわけです。

【身体的なきっかけで起こる・うつ病の原因】

例えば、ホルモンバランスが変わってしまうような分かりやすい例なら、女性の生理であったり妊娠出産、更年期なんかもイメージしやすいですよね。

生理痛でお腹を触っている画像

女性ホルモンのエストロゲンなどは、脳内の神経伝達に影響があることが分かっています。

そして意外な例では、「便秘」なんかも鬱病の原因になりえます。

腸の内壁に何年もこびり付いて排出されなかった便を「宿便」と言いますが、食物繊維を摂らない現代人は何キロも腸の中に宿便がたまっています。

するとそこには、悪玉菌や寄生虫が大繁殖して毒素や排泄物を出します。それが腸から吸収されて血液やリンパの流れに乗って脳にも入ってしまうのです。

そして、食物繊維を摂らない現代人はもともと腸の運動がにぶくなっています。腸は蠕動(ぜんどう)運動することによって活発に働き、自律神経のバランスやホルモンバランスを整えているのです。それが崩れているんです。

また、腸は第二の脳と言われるくらい神経細胞がたくさんあって、免疫を作ったり脳と連絡をやり取りしたり、複雑で重要な働きをしてくれているのです。

だから「腸の洗浄でうつ病が治った」なんていう例もあるのです。

意外なところにも、うつ病の原因は潜んでいるんですね。

では他にも、身体的なきっかけで起こる鬱病の原因を上げておきましょう。

・脳内の血管が詰まる障害、頭部の外傷、パーキンソン病やアルツハイマーなど
・肝臓病や腎臓病、すい臓や脾臓、胃腸の病気など
・避妊薬、高血圧や糖尿病の薬、脳梗塞や心筋梗塞の薬、各種鎮痛薬、抗がん剤や一部の風邪薬など
・思春期、生理、妊娠出産、更年期

では以上が「うつ病の原因」ですが、気をつけたいのは色んな出来事を集中して重ねないことです。

健康で幸せな家族の画像もちろん、後回しにできないことだったり、降ってわいてきた出来事だってあるわけですが、例えば「引っ越しはもうちょっと先にしよう・・」とか、「この習い事はいったん止めよう・・」など、止められるものは止めて、先に延ばせることは先に延ばす・・無理なことは丁重にお断りして引き受けない・・

時にはそういうことも必要です。

抱え込み過ぎないように、ゆっくり休養して、お薬の力も借りて神経伝達物質のバランスを整えれば、うつ病はちゃんと治るんです。

心配しないでしっかり治して、また元気になりましょう(^_^)

>> うつになる体質を根本からキッチリ治してしまう方法




 

うつの原因メカニズムとは」の解説ページです。