寒い冬は手足が冷えてなかなか寝付けませんよね。特に冷え性の方は、冬に限らずいつもツライ思いをしていると思います。

寝不足はとても体に悪いです。朝起きれなかったり日中ボーッとするだけでなく、免疫力が落ちて病気になりやすいです。寝不足で癌になる人までいるんです。

睡眠薬で不眠治療をした人の写真睡眠は大事です。

では、冷え性の方はどうやったら気持ち良く眠れるか・・ですが、外から手足を温める方法は実は良くないんです。ホットカーペットやコタツで温めて寝ようとする人がいますが、間違いなのです。

それを続けてしまうと、体は余計に体温調節の機能が衰えて、さらに冷え性になってしまうのです。

そこで行ってほしいのが、手足のパタパタ運動です。

手首や足首を、曲げて→伸ばす→曲げて→伸ばす・・というこのパタパタした動きを、ゆっくり続けてほしいのです。

これをやると、血管が伸び縮みして血行がとても良くなるのです。これによって、体の末端である手足の血流が良くなり温まるのですが、同時に、体の深部体温(体の中心部の温度)を下げるのです。

冷たかった手足に温かい血流が流れる・・ということは、冷たかった血流が心臓に戻ることになります。つまり体の中心部の温度が下がるわけです。

実は人間は、眠る前に深部体温が下がり、眠気が増すような仕組みになっています。

だから、眠くなると体が一時的に熱くなることがありますが、あれは体表面の温度を上げて発汗し、深部体温を下げるための働きなのです。

ですので、このパタパタ運動で手足が温まって気持ちが良くなると同時に、体の深部体温が下がって眠くなる・・まさに一石二鳥なのです。

そして、体を動かすことと、代謝も上がるので自律神経のバランスが整い免疫力も上がり、一石三鳥なのです。

夜に手足が冷えて眠れない場合は、ぜひ試してください。

 >> 不眠症・朝起きれない体質を根本からキッチリ治してしまう方法!




 

夜に手足が冷えて眠れない場合の対処法」の解説ページです。





サイトマップ

価格キャッシュバックなら、インフォトップ商品の感想レビューを買取してもらえます!

デスクワークならデスクワーカー専用ダイエットで痩せる!もご参考にどうぞ