初期の癌の症状・癌の痛みを直接感じることは、ないと思った方が良いです。

症状が出るころには、もうその臓器が機能しないくらいに衰えていますので、苦しい感じやだるさの方が強いです。むしろ、気にしてほしいのは癌になる前段階です。この時点の方が苦しかったり痛いはずです。

肺癌のレントゲン写真癌というのは、あなたの体の中の一番弱っている部分に発生します。

例えば、お酒の飲み過ぎの方は肝臓が弱ります。炎症を起こして腫れて痛みが出るのです。

それを放置してしまうと、炎症が慢性化して、血行不良となり癌細胞が定着して増殖します。

例えば、ピロリ菌や神経性潰瘍で胃が悪い人は胃癌になりやすい・・食事が悪くて便秘気味だったりすれば、大腸癌になりやすい・・というわけです。

そして、そこに生活習慣の乱れやストレスによって、自律神経のバランスが崩れる事態が起こると、免疫力が落ちて癌細胞をやっつけることができなくなり、癌が発生・定着するのです。

癌細胞の画像あなたの体の中には、もともと癌細胞は毎日生まれているのです。

それをNK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの免疫がやっつけてくれているから発症しないだけなのです。

ですので、まずは食事の栄養バランスを整え、有酸素運動をし、睡眠もたっぷりとってストレスをためないことが癌の予防になりますし、それが最高の治療法なのです。

抗がん剤などの危険な薬品や放射線治療などの副作用が高い治療よりも、生存率は高いのです。

そして、もしお腹の痛みなどの症状がある場合は、早めに検査し、胃潰瘍を治しておく・・肝炎を治しておく・・。また、もし早期発見であれば、癌を切除したり温熱療法で癌部分を滅却する治療を受けましょう。

初期の癌では、痛みなどの症状がないから怖いのです。発見しにくいのです。だから、医学の発達した現代なのに癌による死亡率は上がり続けているんですね。

癌は自分で防いで、自分で治すものなのです!

 >> 癌になりやすい体質を根本からキッチリ治してしまう方法!




 

癌の症状・癌の痛みはあるか?」の解説ページです。





サイトマップ

価格キャッシュバックなら、インフォトップ商品の感想レビューを買取してもらえます!

デスクワークでも痩せる!デスクワーカー専用ダイエットプログラムもご参考にどうぞ